remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); 宝くじの特徴と当選額【人生が変わる瞬間】 |

宝くじの特徴と当選額【人生が変わる瞬間】

宝くじを『当てる』ことは可能なのだろうか?


夢の億万長者。
一回当たれば人生が逆転する程の魅力を秘め数多くの人が魅了され続けているのが宝くじです。

人生で一回は考えた事があるのではないでしょうか?

『宝くじが当たったら何をするか?』

完全な夢物語ではありますが、これがまた面白いのです。
"たられば"の話なので遠慮なく自分のしたい事を存分に語り合ったり想像したりする事が出来ますからね。

その話や、想像が終わった後の空しさといったらありません・・・。

当たりそうだった!
惜しかった
またダメだった。
やっぱりハズレたか。

数えれないほどの人達がこの言葉を口にしていることでしょう。

しかし、実際に1等を当てた人が0ではありません。
当たらなかった、というのは言い変えれば今回は自分じゃなかっただけという考え方でも間違いではないのです。

なぜなら宝くじの1等を当てた人は皆口をそろえて「まさか当たるとは思わなかった。」と言っているからです。

次は誰が当たるかわからない。
もしかしたら、これをみている貴方かも知れない。

それは当選結果当日になって見なければわかりません。
ですが、ただ漠然に買っていても偶然便りになってしまいます。

0.01%しか変わらないかもしれない。
しかし、その0.01%が功を成す可能性だって0ではありません。

努力した事を忘れるほどの努力でも、もしかしたら決め手になるかも知れないのです。

当サイトでは、その様な『やらなくてもいいがやった方が当たる確立が少しでも上がる方法』をご紹介しております。

新着情報

ビンゴ5の特殊な攻略法とは

ビンゴ5とは、ビンゴを狙った宝くじです。
3×3マス計9つのマスがあり、真ん中は「フリー」になっています。

真ん中を除いた8つの枠には、5つの数字が記されています。
ビンゴ5を購入するには、8つの枠にある数字からそれぞれ1つずつ選びます。

特徴としては、1つのマスで選ぶ事が出来る数字が限定されているという事です。
ビンゴ5

そして抽選により数字が合致し、さらに縦・横・斜めでラインが揃えばビンゴで大当たりです。

ビンゴで大当たり

1ラインのみのビンゴは7等で、下記のように全部のラインが揃うと1等です。

当選金の配当は7等が固定200となり1等から6等は当選口数によって変動します。
多い場合は、1000万円や2000万円単位の当選金額になっている場合も存在しています。

しかし、1等を狙うには全8ラインを当選させなければいけません。
一見すると難しく思える宝くじですが、7等の当選確率は比較的高くなっています。

なお当選金は、1等理論値は555万円です。

数式的解釈から41を極める事で当選確率UP!?

数式的解釈から41を極める事で当選確率UP!?

ビンゴファイブの攻略法の鍵を握るのが、数字の合計です。

過去の当選番号を見てみると、番号そのものはバラバラですが、合計に関しては一定のパターンがあります。

ポイントは「41」です。
先程も述べたように、ビンゴ5には「フリー」を含めて9つのマスがあります。

フリーを除いて8つの枠に、1から8の数字を割り当てます。
すると「1と8」「2と7」「3と6」「4と5」のラインが完成します。

選ぶ数字は1の枠なら「01」から「05」、2の枠ならば「06」から「10」です。
すると「1と8」のラインの組み合わせは、小さな数字5つと大きな数字5つ。

「2と7」のラインの組み合わせは、2番目に小さな数字5つと大きな数字5つになります。
つまり、4つのラインにある数字をそれぞれ組み合わせると、合計は「37」から「45」になります。

合計数の中で最も多い組み合わせこそが、間の数字に属する「41」なのです。

コツを掴めば当選確率UP

コツを掴めば当選確率UP

ビンゴ5の攻略法は、初心者にとっては少々難しく感じるかもしれません。
でもコツを掴むことが出来たら、他の宝くじよりも当選する確率は上がります。

組み合わせを行う数字を絞ってしまえば自ずと選ぶ数字が見えてくるという事ですね。
勿論やるからには1等を狙って行きたいと思いますが、全ラインを当選させるには多少の運も必要になってきます。

しかし、運だよりだけでは他の部分が穴まみれになってしまいますね。
いつ幸運が来てもいいように常に万全の状態を整えて置く事が必要と言えますね。

ビンゴ5では金額的にも納得できない、その他の宝くじも利用してみたいという方はこちらの詳細をご覧ください。

色々な宝くじの特徴と攻略法

ミニロトは結果の統計から番号を予測する

ミニロトは、1〜31の数字から5つの数字を選んで購入します。
「数字選択式宝くじ」の一種で、同じ番号が当選番号になることはありません。

理論値として1等当選金額は、1,000万円です。
なお抽選は、毎週火曜日に行われます。

ミニロトの当選確率

ミニロトの当選確率

1~31の数字を選んで一致している数によって等級が変わります。
当然ながら31の中から5つの数字なのでそう滅多な事が無ければ1等が当たるという事は無いと思うのが普通ですよね。

まずはこちらの確率表をご覧ください。
等級当選条件当選確率
1等5つ全ての数字が完全一致1/169.911
2等数字4つとボーナス数字も一致5/169.91
3等数字4が一致125/169.91
4等数字3つが一致3.250/169.91

以上のような結果となっています。
特徴としては、ミニロトは1等が当たる確立がとても高いという事がわかりますね。

まさかここまで高いとは調査を行うまでは知りませんでした。
しかし、確率が高いからと言って必ず当たるという事ではありません。

では、ミニロトの対策はどのように行えばいいのでしょうか?

ミニロトの番号は予測できる?

ミニロトは過去の結果から番号が予測できる

数字選択式宝くじの場合、過去に当選した金額を研究して番号を予測して買う人がいます。
でもロト7やロト6が選ぶ番号は多く、研究したところで当選番号を当てることは非常に難しいです。

ミニロトの場合、過去の当選番号を研究することにより当選番号をある程度予測することができます。
その研究の仕方が以下のようになります。

ミニロトの当選番号でよく登場する番号を研究しよう

ミニロトの当選番号でよく登場する番号を研究しよう

ミニロトは31個ある数字から選ぶので、16万9,911通りとなっています。
確実に1等を当てるのなら、16万9,911通りのミニロトを購入するのがてっとり早いですが、掛かる費用は3,398万2,200円。

正直、シャレになりませんし現実的ではありません。
16万9,911通りの数字を記入するのも気が引けてしまいます。

確実ではありますが、とても現実的な方法とは言えないでしょう。
そこで登場するのが、ミニロトの数字パターンです。

統計的に、ミニロトの当選番号には使われている数字に差があります。
ではよく出てくる数字を選べば良いのかと問われると、「何とも言えない」のが正直な所です。

しかし、何も知らずに購入するより当選確率が飛躍的に伸びることは確実です。
では その方法を確認して言ってみましょう。

ミニロトの当選番号を実際に見てみよう

ミニロトの当選番号を実際に見てみよう

実際に、過去に当選した数字を見てみましょう。
2018年8月から10月初回に出た当選番号を調べてみると、本数字に「01」の数字が5回登場していました。

またボーナス数字では、「28」が2回出ています。
また8月のボーナス数字は20番台、9月では10番台が続いていました。

すると10月のボーナス数字は01番台になる可能性があります。
実際に10月初めに行われたミニロトでは、ボーナス数字は「07」でした。

更に、過去多く出ている数字も選択肢に加えることで番号は更に限定されるようになるでしょう。

ではここで、様々な比較サイトや公式サイトから一番期待されている数字をご紹介させていただきます。
是非参考にご利用ください。
優先順位期待値の高い数字
1位10
2位24/02/30
3位11/20/22
もっと詳しく分析をすれば、より正確な当選番号がわかるかもしれません。

宝くじを『当てる』ことは可能なのだろうか?

ジャンボ宝くじの種類と販売時期の把握

宝くじの購入を考えているのなら、真っ先に目をつけておきたいのが、ジャンボ宝くじです。
有名なものは年末に登場する「年末ジャンボ宝くじ」ですが、実は他にも種類があります。

ジャンボ宝くじは年に5回開催され、1等前後賞合わせて10億円の当選金額になっています。

バレンタインジャンボ宝くじ

バレンタインジャンボ宝くじ

販売時期が1月終わりから2月の宝くじが、バレンタインジャンボ宝くじです。
元は「グリーンジャンボ宝くじ」と呼ばれていましたが、2018年から名称が変わりました。

当選金額は2億円で、14本用意されています。
バレンタインジャンボミニであれば、2,000万円が当選金額です。

ドリームジャンボ宝くじ

ドリームジャンボ宝くじ

販売時期が5月になっているのが、ドリームジャンボ宝くじです。
6月まで販売されており、1等前後賞合わせて、最大7億円の当選金額が設定されたこともあります。

ドリームジャンボミニでも、1等当選金額は1億円です。

サマージャンボ宝くじ

サマージャンボ宝くじ

サマージャンボ宝くじは、読んで時のごとく夏頃に販売される宝くじです。
1等当選金額は50億円で、サマージャンボミニとなると1億円の当選金額です。

2017年に登場したサマージャンボプチでも、1等当選金額は100万円です。

ハロウィンジャンボ宝くじ

ハロウィンジャンボ宝くじ

ハロウィンジャンボ宝くじは、10月から10月終わりまで販売されます。
元は、「オータムジャンボ宝くじ」と呼ばれていました。

1等前後賞合わせて5億円で、ユニット数は10本です。

年末ジャンボ宝くじ

年末ジャンボ宝くじ

1年で最も盛り上がるのが、年末ジャンボ宝くじでしょう。

一等前後賞合わせて10億円の当選金額が話題になったので、記憶に残っている人も多いと思います。
販売時期は11月下旬から、12月中旬までです。

抽選日は大晦日になっているので、今年最後の運試しとして1枚買ってみてはどうでしょうか。

年末ジャンボ~バラ買いには夢がある~

宝くじといえばバラ買いと連番の2つになります。
連番とバラ買いですが、この2つの方法は何が違うのかという事ですね。

連番は文字通り連続した番号ので宝くじを購入する事を示します。
では、バラ買いとはどのようなモノなのでしょうか?

このバラ買いについて簡単にご説明をさせていただこうと思います。

バラ買いとは?

バラ買いとは?

年末ジャンボには連番とは別に、バラ買いと呼ばれる買い方があります。
バラ買いとは違う組でランダムに振られた番号の宝くじを10枚1口で購入する方法です。

組と番号がバラバラになっているので、連番と比べると前後賞の期待感は薄れます。
でも末尾だけは0〜9と並んでいるので7等300円は保証されています。

バラ買いのデメリットを埋める縦バラ

バラ買いのデメリットを埋める縦バラ

バラ買いのデメリットは、前後賞の期待感が薄れることです。
でもバラ買いでも、前後賞が狙える買い方があります。

縦バラです
縦バラは3口・合計30枚購入します。

別の言い方をすれば連番3枚を1セットとして、10セット購入します。

例えば「10組123456」の宝くじをバラで購入すると、「9組654321」「33組135246」という風に番号がランダムに割り振られます。
でも縦バラで購入すると、他のセットで「10組123457」「9組654322」「33組1356247」と、先程購入したバラ買いの宝くじと連番続きになります。

ただし縦バラを取り扱っている宝くじ売り場は、多くありません。
購入する前に、縦バラの購入できるかどうかを必ず確認して下さい。

特バラにも挑戦!

特バラにも挑戦!

縦バラの他にも、特バラと呼ばれる買い方もあります。
縦バラが30枚の宝くじを購入することに対し、特バラは100枚購入します。

1口に振られている番号は、縦バラと同じくバラバラです。
でも連番10セット購入したことになるので、当選確率は上がります。

しかも下二桁番号が00番〜99番が揃うことになり、6等と7等の当たりは確実に保証されていることになります。
ただし1等が当たるかどうかとなると、別の話です。

年末ジャンボ~連番買いは前後賞狙い~

連番について取り上げる前に...

連番について取り上げる前に、まずは年末ジャンボ宝くじの仕組みについて取り上げます。
宝くじには、「◯組◯◯◯◯◯◯番」と表記されています。
◯には数字が入ります。

宝くじに書かれている数字と当選番号が一致すれば、賞金獲得です。
万が一数字が一致しなかったとしても、連続した数字のくじを持っていると前後賞がつきます。

例えば、当選番号が「01組123451」としましょう。
残念ながら当選には外れたものの、「01組0123450」の宝くじを持っていれば、その宝くじは「前賞」になります。

「01組0123452」の宝くじを持つと「後賞」です。
万が一宝くじに外れても、前賞・後賞(前後賞)が来れば当選金額1億円獲得です。

連番とは?

連番とは?

連番は、前後賞狙いに最適の買い方です。
基本的には10枚1セットで購入しますが、10枚は全て同じ組です。
6桁の番号は、下1桁が0〜9まで10枚揃っています。

つまり「01組123450」の宝くじを購入すると、もれなく「01組123459」までの宝くじが番号続きで手にすることになるという訳です。
なお連番は、1セットだけでなく2セット以上購入することもできます。

2セット以上の連番を購入するのなら、1セット目とは違う組か番号を購入するのがおすすめです。

裏技使って当選確率アップ!

裏技使って当選確率アップ!

ちょっとした裏技を使うのなら、タテ連という買い方もあります。

2セット目からも連続した同じ組・番号続きを購入する方法です。
ただし店によっては、タテ連に対応していない所があります。

タテ連での購入を考えているのなら、店にタテ連に対応しているかどうかを問い合わせてからにしましょう。