remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); ミニロト・ロト6・7
HOME » ミニロト・ロト6・7

ミニロト・ロト6・7

ミニロトは結果の統計から番号を予測する

ミニロトは、1〜31の数字から5つの数字を選んで購入します。
「数字選択式宝くじ」の一種で、同じ番号が当選番号になることはありません。

理論値として1等当選金額は、1,000万円です。
なお抽選は、毎週火曜日に行われます。

ミニロトの当選確率

ミニロトの当選確率

1~31の数字を選んで一致している数によって等級が変わります。
当然ながら31の中から5つの数字なのでそう滅多な事が無ければ1等が当たるという事は無いと思うのが普通ですよね。

まずはこちらの確率表をご覧ください。
等級当選条件当選確率
1等5つ全ての数字が完全一致1/169.911
2等数字4つとボーナス数字も一致5/169.91
3等数字4が一致125/169.91
4等数字3つが一致3.250/169.91

以上のような結果となっています。
特徴としては、ミニロトは1等が当たる確立がとても高いという事がわかりますね。

まさかここまで高いとは調査を行うまでは知りませんでした。
しかし、確率が高いからと言って必ず当たるという事ではありません。

では、ミニロトの対策はどのように行えばいいのでしょうか?

ミニロトの番号は予測できる?

ミニロトは過去の結果から番号が予測できる

数字選択式宝くじの場合、過去に当選した金額を研究して番号を予測して買う人がいます。
でもロト7やロト6が選ぶ番号は多く、研究したところで当選番号を当てることは非常に難しいです。

ミニロトの場合、過去の当選番号を研究することにより当選番号をある程度予測することができます。
その研究の仕方が以下のようになります。

ミニロトの当選番号でよく登場する番号を研究しよう

ミニロトの当選番号でよく登場する番号を研究しよう

ミニロトは31個ある数字から選ぶので、16万9,911通りとなっています。
確実に1等を当てるのなら、16万9,911通りのミニロトを購入するのがてっとり早いですが、掛かる費用は3,398万2,200円。

正直、シャレになりませんし現実的ではありません。
16万9,911通りの数字を記入するのも気が引けてしまいます。

確実ではありますが、とても現実的な方法とは言えないでしょう。
そこで登場するのが、ミニロトの数字パターンです。

統計的に、ミニロトの当選番号には使われている数字に差があります。
ではよく出てくる数字を選べば良いのかと問われると、「何とも言えない」のが正直な所です。

しかし、何も知らずに購入するより当選確率が飛躍的に伸びることは確実です。
では その方法を確認して言ってみましょう。

ミニロトの当選番号を実際に見てみよう

ミニロトの当選番号を実際に見てみよう

実際に、過去に当選した数字を見てみましょう。
2018年8月から10月初回に出た当選番号を調べてみると、本数字に「01」の数字が5回登場していました。

またボーナス数字では、「28」が2回出ています。
また8月のボーナス数字は20番台、9月では10番台が続いていました。

すると10月のボーナス数字は01番台になる可能性があります。
実際に10月初めに行われたミニロトでは、ボーナス数字は「07」でした。

更に、過去多く出ている数字も選択肢に加えることで番号は更に限定されるようになるでしょう。

ではここで、様々な比較サイトや公式サイトから一番期待されている数字をご紹介させていただきます。
是非参考にご利用ください。
優先順位期待値の高い数字
1位10
2位24/02/30
3位11/20/22
もっと詳しく分析をすれば、より正確な当選番号がわかるかもしれません。

宝くじを『当てる』ことは可能なのだろうか?